FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

術後食道炎

本日もまだ寒いが続きますが、
大雪の日本海側に比べれば、天国というところでしょう。
いずれにせよ、自分自身も含めて、
体調管理にはまだまだ気を使わないといけません。

アジアカップの日本優勝おめでとうございます。
土曜の夜遅くでしたが、最後まで見てました。
私の中では、MVPは長友選手です。
でも、彼の活躍は目立っていましたし、
ビッククラブも注目しているみたいですから、
今燻っている感じの本田選手がMVPだったのは、
日本の将来にとっていいことだと思います。
問題だらけの国内政治経済で嫌なニュースが多い中、
明るい話題で、楽しい気分にさせてくれました。

さて、今日は、術後食道炎の話です。
手術時に胃酸が食道へ逆流し、食道炎を起こすことがあります。
先日、とある資料を見ていたら、やはり一定の確率で食道炎は起こるようです。
麻酔下では、胃の筋肉が緩むことが原因なのですが、
ドクターであれば、誰でも知っている当然の事実です。
手術に伴うリスクのうちの一つで、完全に防ぐことは不可能です。

そのため、術前に絶食したり、胃酸の分泌を減らす薬の術前投与や
頭をやや上げながら手術をしています。
しかし、ここまでしても、100%確実ではありませんし、
緊急手術では、胃に食物がある状態で手術しないといけません。
私は、ほぼ全例で、胃酸分泌抑制の薬を投与して手術に望むのですが、
この薬が、逆流性術後食道炎にその程度効果があるかは分かっていません。
ただ、副作用がある薬ではありませんので、使用しています。
ただ先日のとある情報によると、胃の筋肉を収縮させる薬の前投与が、
逆流性食道炎に効果があると聞いたので、体にかかる負担のある薬ではありませんから、
今後は積極的に使用していくつもりです。
もちろん、胃酸分泌抑制と併用する必要があるでしょう。

逆流性食道炎は、手術後3日ぐらいで発生しますので、
3日目くらいから吐く場合は要注意と考えます。
もちろん、一過性であればいいですし、
麻酔の影響による腎不全・肝不全の可能性もあります。
どれだけの準備をして麻酔に望むのかは、
知って欲しいし、いっぱい語りたいところです。
鎮痛剤だって、マルチモーダルといって、かなりの種類使います。
ただ、もし私が麻酔について語ったら、
5~8時間は話を聞いてもらわないといけませんので、
なかなかそうはいかないですね(笑)。

今日はこの辺で失礼いたします。
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

最近の尿結石の傾向

おはようございます。
寒い日が続きますが、もう1月も終わります。
いろいろとやることも多く、
この時期だからこそ、出来ることが多いです。

先日は、昼と夜とダブルで会議がありました。
今、東三河小動物臨床研究会のという獣医さんの会の
学術担当をしています。
3月で2年の任期が終わろうとしているのですが、
おそらくあと2年任されそうです。
まあ、大学の先生と話ができたり、
東三河の先生方と情報交換ができるメリットが
非常に大きいので不満はありません。

さて、本日は日本獣医腎泌尿器学会の会誌より、
「日本国内のイヌとネコの尿石症の疫学的考察」
という論文からです。
新しい情報を見ると、今国内において、尿石は、
ストラバイトというタイプの石がイヌ32.1%、ネコ47.0%に対して
シュウ酸カルシウムというタイプの石が38.3%、ネコ37.7%ということです。

尿石症の場合、石の種類により食事療法が大きく変わりますので、
非常に重要なことです。
textbook of veterinary internal medicineという
獣医さんであれば必ず持っている内科学の本があるのですが、
その第3版を10年前に読んだ時に、
すでにストラバイトとシュウ酸カルシウムが半々と記されていました。
その当時、国内では尿石といえばほとんどストラバイトでしたから、
国内の状況が10年前の欧米と同じ状況になってきたと考えられます。
その本も、すでに第7版になっています。

つまり、このような状況になった要因として、
市販のフードが、尿石対応になっていること、
動物が全体的に高齢化していることがあげられるのです。
実は高齢になるとカルシウム結石のほうができやすいと言われています。
尿石症では、尿石だからという理由でフードを食べさせるのではなく、
どんな石が、どんなことを原因として起こっているのかを考えた
フードの選択が重要ということなのです。

もうひとつだけ。
10年前の欧米と同じ状況と書きましたが、
日本の獣医学が欧米と比べて遅れているわけではありません。
例えば、国内でイヌの心臓手術は世界をリードしていますし、
白内障の手術なんかも日本人のほうが上手です。
以前、ドイツの獣医師の方が来日した時には、
一般の動物病院にCTがあるのには、驚いていました。
日本の獣医学だって、欧米と遜色ありません。
地域的な違いがあるだけなのです。

というわけで今日はこの辺で失礼いたします。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

鳥インフルエンザ

おはようございます。
昨日は夜も手術があり、休診の今日は、少しゆっくりしてます。
大きな手術が多かったということは、入院も多いということで、
朝から、注射をうったり、食事をあげたりしています。
明日は、近隣の獣医さんとの会議が2つあり、
その資料作りをしないといけません。
近隣の獣医さんとの連携は、非常に重要な仕事の一つであり、
患者さんにもメリットが大きいことです。

その忙しい最中でしたが、
1昨日はサッカー日本代表の試合は最後まで見ました。
いろいろとあるみたいですが、韓国戦は盛り上がりますね。
それにしても、W杯から感じていますが、
長友選手はすごいですね。
いったい、どのくらい走っているのでしょう。
守備力もすごく、応援しています。
PKと決定機を一度外しているので、これで得点力が加われば、
世界最高レベルの選手になれると思います。

さて、本題ですが、鳥インフルエンザが豊橋でも発生しました。
昨年のウズラでの発生から2年連続ですから、豊橋の畜産が大きなダメージを
受けているので、今後が心配されます。
鳥インフルエンザのため、野鳥の保護について少し考えなくてはいけなくなりました。
当院でもたまに、患者さんから保護したのですがという問い合わせを頂きます。
この前も、保護され方が、豊橋動物園に問い合わせたところ、
鳥インフルエンザ発生のため、何もしてあげられないと言われたそうで、
どしたらいいかという問い合わせがありました。
従来は、ヒナであれば元に戻す事、そうでない場合は野鳥園などで、
場合によっては、無償で保護もしてきたのですが、
万が一鳥インフルエンザが院内から発生した場合は、
病院が閉鎖ということも考えられます。

その場合、保証を受けられる(十分ではないでしょうが)農家と異なり、
おそらく動物病院は廃業となる可能性があります。
よって、今までと異なる対応をする必要があります。
つまり野鳥を院内へ入れることはできなくなったということです。
今後は、保護された場合、東三河県民事務環境保全課へ問い合せていただき、
指示を仰いでいただくようにお願いすることになると思います。

もちろん、一般家庭で飼育されている鳥さんは、
その限りではありませんので、普通に診察にいらして下さい。

今日はこの辺で失礼いたします。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

アニコム損保の記事より

先週日曜日は、不在でご迷惑をおかけしました。
そのせいという訳ではないと思いますが、
月曜日から非常に外来が混み合っていて、ご迷惑をおかけしております。
手術も、非常に長い手術が続いており、
先日は、角結膜フラップ、今日は椎間板ヘルニアと
昼食は、ウィダーインゼリーで乗り切っていますが、
明日は、乳腺腫瘍の手術がありますので、昼飯抜きかなと思っています。
いずれにせよ、皆様に信頼を頂き、大きな手術を任せていただけるのは、
ありがたいことと思っております。

さて、今日は、アニコム損保より統計データがでましたので、
その話題をお届けいたします。
今回は、診療における眼科疾患の割合ですが、
犬種別に見ると、
1位シーズー、2位パグ、3位キャバリア、4位フレンチブルドックです。
罹患率からすると、シーズー23.2%、パグ18.4%、キャバリア16.2%、
フレンチブルドック15.8%です。
全犬種では、眼科疾患は9.3%ですから、かなり高い数値です。

やはり、短頭種が目の病気に多いのは分かっていましたが、
実際、統計上でも高いようです。
特に、短頭種の場合、ちょっとしたことが重症になりやすく、
当院でもなかなか治らないからという形で紹介されるのは、短頭種が多いです。
ですから、短頭種の飼い主さんは、なるべく眼に気をつかってもらうといいですね。
後は、眼に異常を感じたら、なるべく早く病院に行くほうがいいと思います。

ちなみに、目の病気を数で考えた場合、飼育頭数の問題なのか、
プードルとミニチュアダックスちゃんが多いです。
白内障の手術も、プードルとミニチュアダックスが40%くらいです。(当院データ)
そういえば、国内では近年チワワの緑内障が非常に多くなっているようですから、
チワワの飼い主さんは要注意です。
もし機会がありましたら、眼圧くらいは測ってもらうといいかもしれませんね。

今日はこのくらいで失礼します。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

お知らせ

お知らせ

ホームページおよび院内掲示はしていますが、
今週日曜日は不在です。

申し訳ありません。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

眼の検診について考える

どうも、池上彰のレギュラー番組が終わることをすごく悲しんでいます。

今日は、先週手術した白内障のワンちゃんが無事退院して、非常にうれしい午前中でした。
見えるようになって退院というのは、楽しいものです。
ただ、飼い主さんにとっては、手術って大きな出来事だと思うのですが、
白内障を手術した側にとっては、
手術はスタートで、そこからいかに維持できるかです。
1週間後、1ヶ月後、1年後、3年後、5年後と見えているように
維持していくことが大事です。

しかし午後、紹介で来院した患者さんが網膜剥離でした。
片目は、少し前に剥離を起こしていて、
今回、もう一方に剥離が起こってしまい
見えなくなったので、分かったということになります。
しかし、動物の場合、自覚症状がありませんから、
両目が病気にならないと分からないということです。
白内障や緑内障もそうですが、目の検診という方向も考えないといけません。

ただ、血液検査とかの検診がもちろん大事ですから、
どのくらいのペースでするのか?
年齢はどうするのか?
犬種や猫種によって違いをつくるのか?
どこまでするか?
(目の検査は徹底的にやると、半日かかります。
だから、白内障などの術前検査は、基本的に半日入院です)

この辺を整理しながら、検診のガイドラインを作成しないといけないですね。
まだ具体的なガイドラインはありませんが、
もちろん、検診はいつでもお受けいたします。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

趣味の一つ、NFL

どうも、最近は好きなんじゃないかと思うくらい心の大部分を民主党が占めてます。

さて、今日はNFLについて書きたいので、
興味のない人は、飛ばしてください。
NFLは、アメリカンフットボールのことです。
アメフトはルールがわかるとすごく面白い。
かなり複雑ですが、その複雑さがまた面白いのです。

なんで、この話かというと、
ペイトリオッツというチームが、負けてしまったので。
今シーズンは、QBトムブレイディがケガからカムバックしたので、
期待していました。
ちなみに一番好きなのは、WRウェスウェルカーですが、
この人は、日本人なみの体格で戦っているところが応援したくなります。

ああ、なんか知らない人には何書いているか分からないですよね。
唯一スーパーボールという決勝戦は、地上波で放送されます。
2月7日ですので、興味のある人は是非!
ちなみに、2年前のペイトリオッツVSジャイアンツのスーパーボールはすごかった。
今でも、DVDに映像を残してあって、たまに見ます。

今年も楽しみですが、お気に入りのチームは結構負けています。
ファーブも今年は本当に引退してしまうみたいです。

書こうと思えば、いっぱい書きたいのですが、めちゃめちゃになりそうなので、
この辺で失礼します。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

今日はさすがに寒かったです

どうも、今日は寒さにふるえています。

さすがに、本日は、10時まで来院が全くありませんでした。
病院の前の道路の車も、殆ど進んでいませんでした。
しかし、さすが豊橋、太平洋に面している地域だけあって、
午後には雪は消えてしまいました。

でも寒いです・・・

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

雪がふりました

どうも、最近、馬場俊英のファイティングポーズの詩が心に響きます。

さて、今日はすごい雪でした。
とはいっても雪国の人に言わせたら笑っちゃうくらいですが、
普段慣れていないと怖いですね。
突然車が突っ込んでくるかもしれません。
雪

私事ですが、携帯をiphone4にアップグレードしました。
以前使用していた3Gが2年経過して機種変更出来るようになり、
使用したいたものもうまく動かなくなったためでもあります。

それにしても2年というとすごい進歩していますね。
獣医学もそうですが、後は使う人次第でしょうか。
それにしても、パソコンと並び、携帯も仕事に欠かせないアイテムになっています。

そういえば、夕方からはインターネットライブによるセミナーでした。
心臓病と神経病のセミナーでしたが、かなり面白いセミナーでした。
年会費はかなりかかりますが、それだけの価値がある情報が、手に入ります。
豊橋にいても、最新の情報は手に入る時代になりました。
そういう意味では、やはりいい時代になったと思います。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

PRAという時限爆弾

PRAという病気があります。
進行性網膜萎縮という名前の日本語名ですが、
症状としては、眼が徐々に見えなくなる病気です。
遺伝病で発症は、2歳から8歳程度と様々ですが、
時限爆弾のような病気です。
治療法は基本的にはありませんが、
視覚が残っている段階で、診断出来れば、
進行を遅らせることは可能です。

この病気の厄介なところは、
白内障にもなり、そうなると非常に評価が
困難になることです。

白内障手術を希望して、当院を探し出して
来院していただいた患者さんがいるのですが、
本日、詳細な網膜検査と遺伝子検査でPRAと確定し、
手術をしても視覚喪失していくため、
残念ながら手術は勧めませんとお話ししました。

残念なことを伝えるのは、
獣医師の役割のひとつとはいえ、
非常に辛いことです。
せっかく当院を探し出していただいたのですが、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ちなみに、すごく進行したPRAの網膜写真です。
PRA

少しでも見える子が増えるように
がんばっていかないといけないですね。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

パソコン復活で、明日はセンター試験です。

先週は、やはりもうずっとパソコンが不調で、
問題を起こしていたソフトを排除したら、
調子がよくなりました。
やっといろいろと元に戻ったのですが、
いかに仕事がパソコン無しでは成り立たないかを実感しました。

先週、最近は眼科診療が、全体の30%と書きましたが、
新年開けてから、手術に限定すると、今半分以上が眼の手術です。
先週だけでも緑内障、義眼、角膜潰瘍、白内障と
手術用顕微鏡が大活躍しています。
眼科手術は、手術時間が長くなる傾向にありますので、
術後管理もあり、しばらくは大変です。

さて、明日からセンター試験ですね。
雪の影響などを心配されていますが、がんばって欲しいものです。
<天気>センター試験、荒れ模様 大阪・名古屋も降雪か

センター試験は想い出深いです。
通常の一般家庭では、医療系大学の私立大学は金銭的に無理です。
僕もそうでした。入学金や授業料が高いからです。
よって、国立大学しか選択肢はなく、
センター試験終了の夜、ラジオで答え合わせ・自己採点をしながら、
結果が、ある程度のラインを越えていることを確信し、
これで獣医になるための関門を一歩突破したと
一人机で涙を流していたことを思い出します。

その後、熱を出して3日ぐらい寝込みました。
ちなみに、15年以上経った今でも、受験に落ちる夢を見ます。
それに比べれば、あくまで僕の場合ですが、
国家試験や就職は、あまり困難ではありませんでした。
それくらい、受験は想い出深いです。
もうこの文章を書いているだけで、
目に涙が浮かびそうだったりします。

最近の不況もあり、僕のようにやりたいことがあっても、
金銭的な側面から、国立大学しか選択肢がない人も多いと思います。
受験生の皆さん、頑張ってください。応援しています。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

最悪の休みだけど最悪の状況を避けられました

さあ、今日は朝からパソコンとずっと一緒でした。
日曜日の午前中にコンピューターが不調になり、メールが使えなくなり、
インターネットのブックマークがなくなり、
データはあるものの、何かがおかしい。

日曜日の午後は、夜まで勉強会でしたから、
本日朝より、バックアップデータを使用して復元です。

しかし、うまくいかない。
いろいろとやり、なんとか今使えるようになりました。

いやあ、最悪の休みでしたが、最悪の事態は避けられました。
おかげで、本日の予定はほとんど進んでいません。
どうしようかな・・・

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

最近の診療傾向

いやあ寒いですね。
病院は、この時期はそれほど混雑しないのですが、
やはり朝早い時間と夜遅い時間は、特にゆったりしています。

一方、昼11時から12時までや4時から5時は、
混雑していることが多いですね。

新年が明けてから、ちょうど一週間になりました。
それにしても、今診療全体の3割は眼科診療が占めています。
眼科診療をメインに据えて3年目ですから、
東三河で浸透してきたのかもしれません。
いい事です。

今、ワクチンや避妊・去勢といった一般的な診察を除くと、
眼科診療は50%くらいに達しているかもしれないです。

たまに、眼の先生と呼ばれることがありますが、
(これはこれで嬉しかったりもする)
あくまで一獣医師であり、一般獣医師です。
何でも診察しますし、そのスキルはあると思っています。
ただ、眼科をより専門に診察しているだけなのですが・・・
眼科以外は診察できないのではないかとか、
眼科以外の診察技術はあまりないのではないかとか、
勘違いされていると困りますので、書いてみました。
たまに待合に眼の病気の子が並んでいることもありますしね。

ああ、もちろん、自分の専門外の特殊治療が必要な場合は、
専門医を紹介いたします。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

仕事始めです

今日から実質の仕事始めでした。
半分正月みたいな時期ですから、ゆっくりとしたスタートでしたが・・・

電話がなり、2件紹介が来ることになりまして、
いきなりの本気モードです。

白内障の紹介は、最初から診断がついていますから、
手術の適応を検査し、必要な治療をすすめながら、
手術を考えるので、比較的道筋が決まっているのですが、
その他の疾患では、診断からつけていかないといけません。

まして、紹介ですから簡単な病気ではないです。
大体、診察や検査に最低で1時間かかります。
その後、もう一度検査を見直し、
診断や治療方針を紹介元の病院へ報告をあげます。
ということは、大体症例1つで3時間ですから、
2例あれば、大体6時間くらいはかかっているのです。

しかし、紹介をいただけるのは非常にありがたく、
自分の存在意義が問われますので、
必死です。

ちなみに紹介症例の中で最も、真価が問われるのが
目が見えていないのだけど、脳の病気か眼の病気か?
という依頼です。
脳の病気でも目が見えなくなります。
人と違い、頭痛などがわからない動物では、
目が見えないことが脳の病気の兆候であることもあるのです。

もし脳の病気であれば、MRIのオーダーを
紹介元の病院へお願いすることになります。
MRIは、遠方へ行かないといけないし、麻酔をかけないといけないし、
高額ですから、私の責任も重大です。
もちろん、なんにも無い事もあります。
その場合は、脳の病気でありませんから、むしろいいほうかもしれませんが・・・

いずれにせよ、脳の病気であれば、命に関わりますので、
慎重な判断が要求されるのです。
「目は口ほどに物を言う」
眼科医の格言です。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

明日からは通常診察になります。

今日までは正月シフトで、5時から7時までの短時間診察でした。
何例か、調子の悪い子を診察させていただきましたが、
寒さのせいか、今週は、下痢の診察が多かったです。
皆様ご注意を・・・

さて先日鳥取の心配をしていたら、コメントを頂きました。
だいぶ復帰したようです。
私が務めていた病院は、4日から通常診療のはずですから、
明日にはほとんど影響がなくなるでしょう。
よかったです。

さて、明日から通常診療が始まり、
私にとっても、仕事始めといえるでしょう。
今年も多くの目標がありますが、
今まであまりしなかったこと、苦手にしていたことを
積極的にやっていこうと思います。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

鳥取を心配しています

鳥取の大雪のニュースが続いていて、心配です。

たぶんブログを見ていただいているのは、
豊橋の方が多いと思います。

豊橋の方ですと、想像できないかもしれませんが、
鳥取は9号線という道路しかメインがありませんので、
そこが止まると、もうどこにも行けません。

私は、分院長でしたので、
1月1日には、本院の総院長と理事長へ挨拶に行くのですが、
今年は中止したでしょうね。

さて、メイン道路があまりないという話を書いていたら、
心臓を思い出しました。
人間の場合、心臓へ血液を供給する冠状動静脈は、メインしかありません。
ちょうど今回の鳥取の9号線のように事故が起こると、
狭心症といって心臓発作が起こります。
いわゆる心筋梗塞ですね。
しかし、犬や猫の場合、メインの血管の周りには多数の迂回路があり、
途中で通行止めになっても、迂回路から血液を供給します。
まるで、大都市の交通網と同じです。
ですから、犬には心筋梗塞はありません。
猫の場合でも、ごくごく稀です(全くないわけではないです)。

今日も少しゆっくりと過ごしています。
出していなかった方に年賀状を書いたりしています。

コメントを見る(1)

 by -
米子ですが、1日は積雪が90センチ近くあり全く身動きがとれず。
近所でも雪で潰れたカーポート、路肩に落ちて放置された車など、大変な状況でありました。
現在主要な道路、鉄道は復旧しております。
しかし、なおも停電している所や車の通れない路地なども多くあります。完全に復旧するにはもう少しかかりそうです。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今日から、気持ちも新たに頑張ります。

昨年正月に決めた目標は、達成できました。
今年も、目標達成に努力していくつもりです。

それにしても、年賀状って素晴らしい習慣だと思います。
大人になると、皆仕事だったり結婚してたりで、
あまり会えないのですが、年賀状で年に一度の近況報告です。
だから、写真はせめて、本人が入ったもので作って下さい。
たまに、子供の写真かペットの写真しかないものがあるのですが、
本人写ってないと、今どうか分からないですからね。

ちなみに、ナルシストと言われますが、
私は、自分の写真をメインにしています。
その方が、喜んで見てもらえると思っています。
学会のスライドもそうですが、まず目に止まることを重要視です。

今年の年賀状ネタの一つです。
年賀状のためだけに撮りました。
拡大鏡

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

くろねこdvm

Author:くろねこdvm
トピア動物病院 院長 佐藤秀樹です。
専門は動物眼科で、眼科手術設備も整えています。
日々の出来事などを綴っています。

最新記事

リンク

くろねこ時計

お問い合わせ・コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。