FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

フレンチブルドックの皮膚と管理

先週の日曜は、東京で眼科のセミナー、
その後、横浜に移動しての勉強会と
なかなか忙しい一日を過ごしました。
木曜も横浜で眼科のセミナーといろいろとバタバタしてます。
それにしても、新幹線の中で見た富士山がきれいでした。
110220

結構楽しかったのですが、
一番面白かったのは、横浜でうけたウサギの皮膚病のセミナーでした。
先週も今週も、いろいろと長い手術が続いており、
充実した毎日ですが、
忙しくなる春になる前に、十分な勉強をしないといけません。

そういえば、皆様は最近、電気店に行かれましたか?
最近用事があって、電気店に行ったのですが、
任天堂の3DSはすごいですよ。
確かに奥行きがあり非常に面白い技術と思いました。
ただ、目が疲れてしまうので、あまり長くは耐えられないですね。
私のするゲームといえば、ほとんど動きがないものが多いので、3DSは必要ないかもしれませんが、
欲しくなってしまいます。
これをみると、やはり日本の技術はすごいと思います。
ハード面では、さすがですが、
やはり近年の海外の製品をみると、
ソフト面についてもっとがんばらなくてはいけないと思います。
つい、先日発売になったみたいで、ニュースになっていました。

さて、今日は、
たまたまフレンチブルドックの飼い主さんがブログ見てますと
おっしゃって頂いたのと同じ悩みを持っていましたので、
それについて書きたいと思います。
フレンチブルドックの説明書といったところでしょうか。
フレンチのようなシワシワがあると、
そのしわの間が汚れたり、ジメジメすることで
皮膚炎を起こすことがあります。
専門用語では、皺襞性皮膚炎と言います。
あの可愛い顔の皮膚には注意が必要です。
顔皮膚
同じことは、ブルドックやシーズー、ペキニーズ、パグなどの犬種も同じですよね。

もちろん、顔だけでなくて、
足の指の間、おしっこをする場所の周りにも注意が必要です。
大事なことは管理することで、
清潔にすることが一番重要です。
そのなかで、フレンチにはシッポと肛門の間に注意しなくてはいけません。
フレンチのシッポは固く短いので、
肛門の上側に入り込んでしまい、
そこに汚れがたまります。
肛門
実は最初、自分のワンちゃんに、
なんでお尻を痒がっているのかわからず、
よく見るとひどい皮膚炎を起こしているのを発見しました。
今は、なるべく清潔にするように心がけて、
シャンプーの時には十分に洗うことにしています。
それで何とか維持できてますが、
痒がる時もあり、これはフレンチ独特の問題です。
フレンチシッポ皮膚炎とでも名付けようかな
なんて、冗談ですが、結構ひどくなる上、管理が難しいですから
大きな問題です。
場合によっては薬なんかも必要ですから、
皮膚炎がひどい場合は相談してください。

今日はこの辺で失礼いたします。
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

たばことペット

足を痛めて約1週間が経過し、
ほぼ問題なしと思ったら・・・
夕方また痛めました(泣)。

で、前回書いたように、足が痛い原因は分かっています。
体重の増加です

で、どのくらい増えたかと言いますと
フレンチブルドック2頭分くらいです。

で、体重が増えた原因は、実は禁煙したからです。
今大体7ヶ月くらいですが、今回はがんばってます。
禁煙を決意したのは、2年前ですが、
1ヶ月禁煙したら、また吸い始めてなんて繰り返しながら、
体重は増えるし、たばこはやめられないし、悩んでいましたが、
価格が上がった10月をメドに8月から禁煙して、
今回は続いています。
ただし、体重の増加と引換にですが・・・

タバコによる健康被害は、体重15kg分と言われておりまして、
それを信じて体重計は無視していましたが、
いよいよ問題が出てきたので、
ダイエットもしないといけなくなっています。

実は絶煙宣言は一年経ったらと、決めていたのですが、
今回、こんな記事が出ていたので書いちゃいました。
<たばこ>人間だけではない ペットも受動喫煙でがんの恐れ

yahooニュースにありました。
確かにペット健康とタバコの害は関連ありそうですが、
証明されていません。
この記事の中でネコちゃんが消化器型リンパ腫という病気になったのは、
タバコのせいとされていますが、
関連は低いとは思います。
ネコがリンパ腫になるのは、よくあることです。
さすがに、これはタバコに対する過剰反応だと思いました。

ただ、ペットの喘息やアレルギーは関連があると思っています。
特に犬や猫は、人より低い位置で暮らしていますから、
タバコの有害物を吸い込んでいる可能性が高いと思われます。
実際、タバコを家で吸わないことで、皮膚が良化した例もあります。
人に有害なら、ペットにも有害。
考えれば当たり前のことです。

なかなかやめられなかった私(もしかしたらまた禁煙失敗かも)が
言うのは気が引けますが、
自分のために、ペットのために、タバコをやめるのはいいことでしょう。
私の禁煙チャレンジについて、もし興味があれば、
診察室でも結構ですから、遠慮無く聞いてください。

なお、今週日曜日は、セミナーで不在です。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。
今日は、この辺で失礼いたします。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

花粉症は動物にあるのか?

前回、足を捻って痛めたと書きましたが、
4日経っても、まだ痛いです。
原因は自分でも分かっているので、
何とかせねばと思っています。
連休により、土日は病院がやや混み合いました。
長時間待っていただいた患者さん・飼い主さん、
申し訳ありませんでした。
待っていただいて、ありがとうございました。

そういえば、テレビを見ていたら、銀座で路面電車復活の動きがあるようです。
豊橋の方は路面電車は、もちろんご存知だと思います。
国内でも数少ない路面電車都市ですからね。
黄色の矢印は、希少ですよ。
当院の前も、路面電車が走っていますので、
私も利用していますし、「おでん電車」なんかもあるようで、
面白いものです。
この路面電車は、今全国で注目の的みたいです。
理由はエコだからということらしいのですが、
豊橋路面電車も、一度廃線になりかけたものの、
再び注目された経緯があるようです。

さて、今日は花粉症のお話。
今年は、例年の10倍花粉が飛ぶようです。
私は花粉症ではないのですが、この国民病と呼ばれる
花粉症が、動物、特に犬に、あるのか?ないのか?
サルではあるのは分かっているのですが、
犬では、あるような、ないような。
いわゆる花粉アレルギーなのですが、
皮膚病としては、認識されています。
しかし、人のように鼻炎、結膜炎はあまりないとされていました。
でも、あるのでは?と最近考えています。

といのも、この時期になると悪化する結膜炎があるからです。
ただ、犬の場合、診断方法がなくて、
アレルギーかな?と目薬を処方するしかありませんでした。
しかし、近年、アレルギーを検査する道具が揃ってきましたので、
花粉症が証明できるようになってきました。
うまく診断出来れば、治療が非常にやりやすくなります。
花粉の飛散にあわせた治療プロトコールが組めるからです。

ただ、もし今年あまり鼻炎・結膜炎が多くなければ、
犬には人と同じ症状を出す、花粉症は稀ということになります。
ないわけではないのは分かっているのですが、
今までアレルギーとして単純診断されていたことが、
変わってくるかもしれません。

そろそろ花粉が飛散し始めます。
くしゃみ・鼻水・流涙・結膜炎は花粉の可能性がありますので、
相談してください。

今日はこの辺で失礼いたします。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

動物用医薬品

今日は全国的に大雪でした。
豊橋も例外ではなかったのですが、
1シーズンで2回雪が降るのは、珍しいです。
2011雪
当院は木曜日が休診ですので、2連休でした。
実は、水曜日の朝、起きたときにベッドから降りたら、
左足首を挫くという失態。
水曜日は、激痛と闘いながら足を引きずりながら、診療です。
どうしても木曜日の夜は人と合う約束がありましたので、
出かけましたが、2連休は正直ありがたかったです。
おかげで、今年も鬼祭りには行けず。来年こそは・・・と思っています。

そのおかげというわけではありませんが、たまっていた録画していた番組を鑑賞。
日曜8時から録画していた「世界の果てまで行ってQ」という番組を見ていたら、
8時2分に、愛知県知事と名古屋市長当選確定のテロップが・・・
爆笑してしまいました。
なぜなら、開票開始が8時です。そこから、2分でテロップですよ。
知ってはいましたが、圧倒的ということです。グウの音の出ない圧勝です。
少なくとも愛知県市民は減税賛成・増税反対ということです。
住民税が減税といっても、人によっては、月数百円くらいです。
それでも我々市民は、ハッキリと民意を示したということです。

そうなると、消費税は、増税する言った党は確実に負けるでしょうね。
というのも、国の借金を理由に増税は仕方ないという風潮もあるのですが、
今回の選挙で分かるように、増税には反対なのです。
当たり前です。
増税仕方なしの論調には、私は結構、違和感があって、
議員削減・無駄の削減を極限までしてから増税の議論ですよね。
それをもっともっと進めてないのに、
増税仕方ないという政治家・マスコミにはウンザリします。
そういう意味では、圧勝した今回の選挙は、何かスッキリします。

さて、前置きはここまでにして、今日は動物用医薬品のお話です。
我々が処方している薬の80%以上は、人体薬を利用しています。
というのも、動物薬がまだまだ少ないからなのです。
ちなみに、動物用医薬品に求める条件は、

1.人では使えないが動物では効果的な薬
2.人と同じ成分なら、それより価格が安いこと
3.動物医療で使いやすい大きさ、形状であること

でしょうか。
1については、人では副作用のためにあまり使えないものが、
動物では副作用がないため使える薬はあります。
もちろん、その逆に人では使えるものが、動物では使えなかったりするのです。
そういった、動物医療の独自性のある薬が増えるといいですね。
その一方で、ある海外では認可されているいい薬が、
その成分が人体薬で認可されていないという理由で、国内に入らなかったことがあります。
酷い話であるのですが、これはドラッグラグといって人の医療でも問題視されているのです。
もちろん、安全性という側面から守られていることもあるのですが・・

2は動物用である以上、人より安い価格であることが求められます。
たまに、この薬私も使っていますと言われますが、
価格が高くなります。何故なら保険が効かないからです。
そうなると、安いがいいのですが、
動物用としたとたん、安かろう悪かろうのものや、
ただ犬用なんてラベルが変わっただけで、すごく高くなったり、
酷いものもあるので注意しないといけません。
これは、医薬品だけでなく、ペット用品や医療機械にも言えることです。
もちろん、高くなった分だけ良いものはいっぱいあります。

3は、動物用なら動物用として使いやすいことですよね。
たまに、動物用になったとたん、使い勝手が悪くなるものもあります。
もちろん、多くは、使いやすくなるのです。

今、結構国内メーカーなどが頑張っていて、
動物用のものが増えています。
その中で、獣医師サイドも、患者さんにとってメリットがあるものを
選ばないといけません。
もっともっと増えて、選択肢が増えるといいですね。

今日はこの辺で失礼いたします。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

抗ウイルス薬のお話

2月に入って初めて更新できます。
先週は、ほとんど昼と夜と手術が続き、
どうしても時間が取れませんでした。
いろいろと雑務も多かったです。
木曜日は、夕方より、高齢動物のセミナー、
そして本日は、インターネットによる内科外科セミナーと
非常に充実するはずだったのですが・・・
回線トラブルがあったようで、開始時間になっても始まらず。
残念です。もう少し待ってみますが、
後日配信されると思いますので、それを見ることになりそうです。
ちなみに、2週間後は、東京で眼科セミナーがありますので、
私はお休みになります。

そういえば、今日は愛知県知事選挙でした。
皆様は投票に行かれたでしょうか。
最近の情けない政治を見て絶望するのですが、
本日の投票率を見てもガッカリします。
これだけ全国的に注目されている選挙なのに、
25%程度と低いです。
確かに政治も情けないですが、
我々の意識も情けないかも知れません。
よく、投票する人がいないと聞きますが、
そういう場合、私は無記名で投票しています。
どうも、全国的には名古屋市長のほうが、
愛知県知事選挙より注目されているみたいですが、
いずれにせよ期待しています。

さて、前置きが長くなりましたが、今日は抗ウイルス薬の話です。
今、インフルエンザが今年度、最大に流行しているようですが、
インフルエンザの薬というと、タミフルやリレンザなどが有名です。
いまは、もっと新しいタイプの抗インフルエンザ薬があるそうです。
約10年前ですが、私が学生だった時、
抗ウイルス薬は、ありませんでした。
その当時は、抗ウイルス薬を開発するのはかなり困難で、
抗インフルエンザ薬は、ノーベル賞がとれると言われていました。
もちろん、動物にもウイルス感染による病気はあります。
治療といえば、対症療法を行い、本人の免疫力を上げる治療を行います。
ちなみに、その当時は人間のインフルエンザ治療も似たようなものでした。
インターフェロンというウイルス感染症に使う薬はありましたが、
これは免疫力をアップさせる薬であり、抗ウイルス薬ではありません。
その常識を変えた薬が、タミフルなのです。
昔はウイルスを除去する薬はありませんので、
対症療法がメインですなんて言っていたのですが、
もう通用しない言い方になってしまいました。
医学の進歩は驚きです。

さて、当院で使用している抗ウイルス薬は、
タミフルとファムビルという薬があります。
抗ウイルス薬
タミフルはイヌ・ネコのパルボウイルスに使用します。
また、ファムビルはネコのヘルペスウイルスに使用します。
タミフルが、パルボウイルスに効果的なのは
よく知られた事実なのですが、
最初は、獣医さんにタミフルを売ってくれなくて、
悔しい思いをしました。
今は問題なく手に入りますが、それだけ一般的な薬になったのでしょう。

ファムビルはネコのヘルペスに効果的なのですが、
どうしても値段が高く、飲ませづらいの弱点です。
ネコの眼の病気の多くは、ヘルペスウイルス関連が多いので、
当院ではどうしても必要な薬なのですが、
なかなか使えない場合もあり、有効期限が切れてしまう場合もあったり、
高い薬だけにガッカリします。
この薬は、持っている病院は少ないと思いますので、
眼科がメインの当院ならではかもしれません。

さて、久しぶりで長くなりました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
やっとインターネットセミナーが始まったようです。
今日はこの辺で失礼いたします。

PS 夜のニュースで投票率は50%超えました。
  一応、近年では、50%超えたのは高いらしいです。
  ただ、これでも低いと私は思います。


コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

くろねこdvm

Author:くろねこdvm
トピア動物病院 院長 佐藤秀樹です。
専門は動物眼科で、眼科手術設備も整えています。
日々の出来事などを綴っています。

最新記事

リンク

くろねこ時計

お問い合わせ・コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。