FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

愛犬に遺産をあげるには?

本日は、休みを頂きました。
以前書いたように、とある試験を受けてきたのですが、
結果は、微妙です。
忙しくて、最後の2週間くらいほとんど勉強出来ませんでした。
まあいいわけですが、
ご迷惑をお掛けいたしました。

突然病気でもしない限りは、
7月は通常通りです。
ただ、8月には、一度学会があるのと、
お盆休みを頂くつもりです。

さて、実は本日は別のこと書くつもりでしたが、
興味深いニュースがありました。
FP獣医師には、見逃せない記事です。

10億円相続の犬、昨年死んでいた

たまに、海外では、ありますよね。
では、問題です。
日本では?犬や猫に相続は可能か?



答えは、不可です。
なぜなら、犬や猫は法律的には物なんです。
でも、方法はあります。
一番スタンダードな方法は、負担付き遺贈という方法です。
これは、ペットの面倒をみてもらう代わりに遺産ゆずるねという方法です。
まあ、もちろん実際には専門家に相談するべき項目です。

今回紹介したニュースを見ても、結構トラブルが多かったみたいです。
何故か相続した犬もトラブルという名前みたいですが。
遺族も争っていたみたいだし、
ワンちゃんは別にお金の価値は分かりません。

それにしても、犬の年間セキュリティー代で800万てすごいです。
普通に家族が豊に生活できます。
それにしても、このワンちゃんは幸せだったのか?
なんか考えさせられます。
マルチーズで12歳で死亡だと、少し早いですしね。

今日はこの辺で失礼します。
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

くろねこdvm

Author:くろねこdvm
トピア動物病院 院長 佐藤秀樹です。
専門は動物眼科で、眼科手術設備も整えています。
日々の出来事などを綴っています。

最新記事

リンク

くろねこ時計

お問い合わせ・コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。