FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

学会報告

毎年している学会報告です。
11月第3週は、大阪で一番大きな学会があり、
東三河地区の先生の多くにもお会いしましたので、
おそらく半分位は先生がいなくなっているのでは?と思います。
実際参加人数は、3千人くらいです。

今年は個人的な事情で、
発表ができず(10月の名古屋学会では発表したのですが)、
11年間続けてきた発表が途切れました。
ある先生から、来年は必ず発表するようにという
叱咤を頂きまして、来年は、また始めます。
自分のしていることを世の中に評価していただくのも
ドクターの重要な仕事です。

さて、写真をいくつかとりましたので
紹介です。まずは・・・・
高島先生
私の師匠です。
かなり偉くなってしまいましたが、
私にとっての唯一の院長であり、兄貴です。
天才外科医という形容がピッタリで、
数多くの先生の手術を見ましたが、彼以上の外科医を知りません。
今でも尊敬しており、私が彼の一番弟子であることは、誇りでもあります。
会場ではかなり忙しそうで、話が出来なかったのですが、
学会が終わってから、少し話をする機会を頂きました。

百田星先生
大学時代によく一緒に行動しました。
実は、大学時代、未来日記という番組が流行っており、
この3人で未来日記を書いて大学に隠しました。
どこに隠したかは忘れましたが、かなり恥しいことを書きました。
誰かに見つかったら困るなあ・・・
左は私ですが、中央にいるのは、先輩でありまして
現在の獣医心臓病の中心にいる一人です。
猫のフィラリア症の国内の第一人者です。
右は、同級生(といっても年上ですが)で、
現在大学の先生です。
将来の、獣医内科学を担う一人です。

毛利はなQ
写真がぶれていますが、前の職場で苦楽を共にした仲間です。
当時私は分院長という立場でしたが、
2人はかなり助けてもらいました。
右にいる先生は、内科医として一流であり、
普通のドクターでは診断できない診断を下します。
今のところ、私が知る中で一番の内科医です。
着眼点や見るところが違います。
その発想力や診断にいたるルートを見ていると、
美しいとすら言えます。
左にいる先生は、私が初めて育てたドクターです。
ただ、育てたなんて、おこがましく、彼は優秀です。
ほとんど何も教えなくても勝手に育ちました。
今は大学で診察をされているのですが、
将来は、豊橋に講演にくるくらいの先生になるでしょう。

こうやって見ると、
私は周りに恵まれました。
毎年会える先生方に恥じない仕事をするのが、
また次の一年の目標であります。
さあ、がんばろう

スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011年11月25日(金)21:06 [編集]

トラックバック

プロフィール

くろねこdvm

Author:くろねこdvm
トピア動物病院 院長 佐藤秀樹です。
専門は動物眼科で、眼科手術設備も整えています。
日々の出来事などを綴っています。

最新記事

リンク

くろねこ時計

お問い合わせ・コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。