FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

眼の検診について考える

どうも、池上彰のレギュラー番組が終わることをすごく悲しんでいます。

今日は、先週手術した白内障のワンちゃんが無事退院して、非常にうれしい午前中でした。
見えるようになって退院というのは、楽しいものです。
ただ、飼い主さんにとっては、手術って大きな出来事だと思うのですが、
白内障を手術した側にとっては、
手術はスタートで、そこからいかに維持できるかです。
1週間後、1ヶ月後、1年後、3年後、5年後と見えているように
維持していくことが大事です。

しかし午後、紹介で来院した患者さんが網膜剥離でした。
片目は、少し前に剥離を起こしていて、
今回、もう一方に剥離が起こってしまい
見えなくなったので、分かったということになります。
しかし、動物の場合、自覚症状がありませんから、
両目が病気にならないと分からないということです。
白内障や緑内障もそうですが、目の検診という方向も考えないといけません。

ただ、血液検査とかの検診がもちろん大事ですから、
どのくらいのペースでするのか?
年齢はどうするのか?
犬種や猫種によって違いをつくるのか?
どこまでするか?
(目の検査は徹底的にやると、半日かかります。
だから、白内障などの術前検査は、基本的に半日入院です)

この辺を整理しながら、検診のガイドラインを作成しないといけないですね。
まだ具体的なガイドラインはありませんが、
もちろん、検診はいつでもお受けいたします。
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

くろねこdvm

Author:くろねこdvm
トピア動物病院 院長 佐藤秀樹です。
専門は動物眼科で、眼科手術設備も整えています。
日々の出来事などを綴っています。

最新記事

リンク

くろねこ時計

お問い合わせ・コメント

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。